上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨晩、畠町キッチンターブルにて秋田白神コミュニケーションセンター主催の第1回旅カフェが開催されました。
 食事をとりながらの気楽な講話会といった感じでしょうか。
 30名近い参加者が畠町名物トリコライスを食していただきました。
 もうfacebookにも参加者がたくさん載せているのでいいかと思いましたが…

    

 講師の佐々木さん(元能代駅長さん)が『ディスティネーションキャンペーン』についての説明をしていただきました。
 本キャンペーンは来月から始まりますが、今年で終わるのではなく、来年はアフターDCと国民文化祭もあり、引き続き秋田には多くのお客様が来県されます。

 来県、来能へとリピーターを創出する事、継続して能代に来てくれる仕組みづくりをしていくことが大事と、佐々木氏。まだまだこれからでも間に合うと。
 『誰かがどうせやってくれる』のではダメ。自分達がやる!!という意気込みが必要だと。

 小さい事からでも一人一人が始めれば大きい効果を生むものだと思いましたし、他県の取り組みをみて、能代にもまだまだ発掘していない宝があるのではないかと。

 ちなにみ”DC”とは、ディスティネーション(目的•行先)とキャンペーン(宣伝)を組み合わせた造語だそうです。自治体、観光業者、JRが連携し今年は秋田を集中的に宣伝し、来客を図る大型キャンペーンの事です。

    DSC01131_convert_20130925105716.jpg
 続いてみんながバクバク食べている中、能代観光協会の矢澤局長さんの講話。
 矢澤さんは大手旅行代理店で大活躍されてきた方。
 添乗員時代の面白話しを聞かせてくれました。

 それこそ『おもてなし』について。
 される側、する側のそれぞれ受取り方によってその『おもてなし』は変わるものだと。
 人対人なのでその難しさを教えてくれました。

 それでも堂々と”なまり”を入れた秋田らしさで接客する事、自分があんべいいなって思える事が大事なんだなって思いました。

 大変勉強になった時間でした。次回は森林セラピスによる講話だそうです。そちらも楽しみ。詳細がわかりましたらupしますので是非ご参加下さい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noshirohatamachi.blog.fc2.com/tb.php/337-2683fb00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。