上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 また会う日まで、と言いながらもまだ知っていただきたい事があります。

 上町組は鍾馗様を祀っています。
 七夕や丁山祭典では各会所に鍾馗様の掛け軸を飾ります。
 そこで各町内の鍾馗様をご披露したいと思います。

    DSC00066_convert_20120827003931.jpg

 上若さんの鍾馗様。ちょっと目がなく重厚な感じがします。

    DSC00054_convert_20120827003319.jpg

 畠新若さん。カラフルですね〜西遊記に出てくるような感じ?かな

    DSC00057_convert_20120827003416.jpg

 東若さん。白と黒を基調にした歴史ある感じ。

    DSC00062_convert_20120827003628.jpg

 当畠若の鍾馗様。赤鍾馗と言われています。
    DSC00061_convert_20120827003516.jpg
 
 なぜ朱色を使った赤鍾馗なのか?
 これはかつて水痘病が蔓延した時、これを沈める為だったとか。相当古い掛け軸だそうです。
 もともと鍾馗様は中国に伝わる実在したとされる神。疱瘡除けや学業成就を効験すると言われています。

 皆さんどの鍾馗様が良いでしょうか?
 各町内の全ての鍾馗様を見ている方は一部の人しかいないので貴重だと思いますよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noshirohatamachi.blog.fc2.com/tb.php/200-916cfbf7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。