上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 さて、はっちの残りの階をご紹介します。
 3Fは和のスタジオがあります。ちょうど3月3日とあって『はちのへ雛めぐり』が開催されており、江戸•明治期の時代雛の展示をおこなっておりました

   DSC05095_convert_20120313004902.jpg
 何百年と受け継がれてきている郷土雛人形を展示。やはりお内裏様お雛様ともお顔が現代風とは全然違い、また三人官女の中に老婆がいたりとちょっとユーモアがあるのも
 
   DSC05096_convert_20120313004939.jpg
 その他なかなかお目にかかれない王朝文化の調度品なども展示しておりました。ちなみに左にあるのは和歌を立てておく台だとか。ここには優美な世界が漂っていました。

 今度は2Fへ。こちらにはシアターホールとギャラリーフロアがあります。また2Fフロアをぐるりと八戸の郷土文化を紹介するパネルや模型、写真のような舟なども展示してます。
   DSC05097_convert_20120313005025.jpg
 イカのねぶた提灯がたくさんぶら下がっていました五所川原は金魚だったような…
 同階のギャラリーでは『きぼうのて』という写真展が開かれており、子供達が自ら撮った”手”が。とても子供が撮ったと思えないほど創意工夫された芸術性の高いのもあって関心いたしました
 

 最後は1Fです。ロビーやカフェ、お土産品などのショップやイベントフロアあります。
 この日はTOTOの企業イベントが開かれておりました。カフェではちょっとした軽食もいただけるコーナーも。ショップでは伝統工芸品や現代アート的な作品や本なども販売しておりました。
   DSC05099_convert_20120313005103.jpg
 はっち正面入り口にはこんな伝統工芸品も。

 総括。とにかく施設のあちらこちらに観光紹介や伝統•文化を伝えるコーナーがあったり、起業家の架け橋となるものづくりスタジオ、子育て支援の施設、地元”食”を出してるカフェ。常に期待できそうなギャラリー展示など。また24時間使える会議室やキッチンスタジオなどなど、主に八戸市民サービス向け的な感じはあるものの、観光客が十分楽しめる要素もある。街のど真ん中にドーンと巨大にそびえ立っているが、我が商店街にある畠町新拠点もまた小規模ながらも情報発信基地として、商店会と連携していければと思う。

 まだ続くのか!?とpart5ではちょっとしたオススメ情報を
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noshirohatamachi.blog.fc2.com/tb.php/122-892ffffe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。